どんな窓にも使えるデコレーション方法3選

08 2月, 2019
窓をデコレーションする方法はたくさんあります。窓の外側、窓の内側のどちらにも使える、とっておきの方法をご紹介します。

今日の記事では窓のデコレーション方法についてご紹介していきます。きっとあなたの部屋にぴったりなスタイルが見つかるでしょう。

まずは、窓のスタイルについて考えます。窓のスタイルは、装飾スタイルを選ぶのに大きな影響を与えます。さらに、カーテンは小さな窓から大きな出窓、またはフランス窓に合わせて、さまざまな形や大きさから選ぶことができます。

また、デコレーションしたいのが窓の外側なのか、窓の内側なのかも考えてみましょう。これによって、どんな素材を使うかが決まってきます。例えば、窓の外側をデコレーションするには、対候性があるものがいいですよ。

では、早速窓のデコレーション方法をいくつかご紹介します。お好みで2つ以上のアイデアを組み合わせることも可能ですが、デコレーションのしすぎには気を付けましょう。自然光が入りにくくなり、掃除や維持も大変になってしまいますよ。

1.カーテン、ブラインド、シャッター

窓

これは窓を飾る方法として最も一般的な方法のひとつとなります。さらに、ひとつ以上のカーテンを組み合わせることも出来ます。カーテンとベネチアンブラインド、またはブラインドとシャッターの組み合わせもいいですね。これらは、家の環境を改善する手助けをしてくれます。防寒効果があり、窓からの光を調節してくれます。

またブラインドとカーテンは、素敵なデコレーション要素があります。子供部屋を飾る場合には様々なデザインのブラインドとカーテンから選ぶことができます。または、DIYがお好みの場合は古い布地を使って自分だけのカーテンを作ってもいいですね。

寝室にあまり自然光が入らない場合は、ブラインドと軽い素材で作られたカーテンの組み合わせがおすすめです。これ以上自然光の取り込みを妨げないようにし、光を最大限に活用することが出来るのです。

カーテンとブラインドは、本質的に実用的で機能的なものではありますが、窓を飾るものとしても使うことができます。木材、マクラメ、布地、天然繊維など、様々な素材とスタイルから選ぶことができるので、あなた好みのものを選びましょう。

2.植物

窓

窓の外側、内側のどちらを飾るにしても、植物は素敵な選択肢となります。外側に植物を飾る場合は、気温にあった植物や花を選びましょう。

 

内側に飾る場合は窓辺に置くことがおすすめです。植木鉢は家のスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

例えば、インダストリアルスタイルの家には、銅製の植木鉢がぴったりです。エスニックスタイルの場合は幾何学的な模様がある植木鉢が合いますよ。

他の選択肢としては、カーテンレール、またはいくつかの棒を取り付けることによって、植物を吊るしてもよいでしょう。

3.装飾品と入れ物

ガーランドを飾ったり、カーテンレールからポンポンを吊るしたりと、様々な選択肢から選ぶことができるので創造的になります。

窓 デコレーション

色を追加するのにガラスのビーズ、星、ハートを通した紐をつるしてもいいですね。小さいお子様がいたら、喜んでこのような飾り作りを手伝ってくれるでしょう。

他の選択肢としては、ウォールスティッカーを貼ることです。多様な種類がありますが、その中でも人気ある柄のひとつは、鳥が枝に座っている柄です。真ん中は開けて、窓の上下に色々な高さで貼られることが多いです。

他の人気な柄は花、落ち葉、雨のしずく、有名なロンドンのスカイラインのシルエットで、子供がいる家では動物柄も人気です。

最後に、窓際に低めのベンチを設けて、クッション、装飾用の花瓶、植木鉢などを飾ってもいいでしょう。収納スペースに欠けている場合には、追加の棚として使うことも出来ます。

今回ご紹介したのはほんの一部ですが、窓の飾り方はいっぱいあります。ちょっとした想像力と創造性で、あなたの窓を大変身させてみましょう。