独身時代の部屋を二人の新居へと変身させる方法

15 9月, 2020
今回の記事では、独身時代を過ごした部屋を二人の部屋へと変身させるお手伝いをします。永遠に続く二人の愛にふさわしい新居を作りませんか?

二人の関係の大きな一歩を踏み出しましたか? これは簡単な決断ではなかったでしょう。二人の関係が確かなものになった今、本記事で、独身時代の部屋を二人のための空間へと変身させるお手伝いをしたいと思います。今回ご紹介するアドバイスをぜひ参考にしてくださいね。

何よりも大切なのは、ある程度の妥協が必要だという点です。空間づくりの決定を下すのは自分一人ではないことを心に留め、二人の好みに合う方法や解決策を見つける方法を学ぶことが大切です。ここからは、パートナーとの暮らしに役立つアドバイスをご紹介しましょう。

落ち着いた家

独身時代の部屋を二人の新居へと変身させる方法 大人の雰囲気の部屋

「落ち着く」というのは、古いことや退屈なことに目を向けるという意味ではありませんし、自分のテイストを諦めるという意味でもありません。ここでは、家のインテリアを整理して理解することから始めます。

最初に、目指すインテリアのスタイルを定義してください。北欧スタイルが好きな方もいれば、インダストリアルスタイルが好みの方もいるでしょう。また、現在人気の禅スタイルを取り入れたインテリアを目指したい人もいるでしょう。どのインテリアスタイルを選ぶかに関係なく、目指すインテリアスタイルを定義すると、すべてが調和します。

二人の空間

独身時代の家を二人暮らしの空間へと変身させるためには、二人それぞれの明確な空間があることが大切です。そうでない場合、二人暮らしは厳しいものになる可能性があります。

また、家の中をより機能的に活用するための家具やインテリアアクセサリーも必要です。 IKEAのKALLAXシェルフは見栄えがよく、幅広い用途に活用できる優れたオプションです。

パーソナルスペース

一緒に住むということは、常に一緒にいる必要があるということではありません。自宅は安全で快適な場所であるべきだという点を忘れないでください。そして、これがまさに一人の時間のための空間であるパーソナルスペースを作る必要がある理由です。

家のインテリアを微調整して二人の愛の巣を作るとき、全てを一緒にするのではなく、それぞれが自分の好きなことを楽しむための空間であるパーソナルスペースを確保できるように心がけましょう。パーソナルスペースを持つのは、心身の健康維持に役立ちます。中には別の部屋で寝る方がいいという人たちもいます。もちろん問題はありません!

共有スペース

独身時代の部屋を二人の新居へと変身させる方法 共有スペース

共通スペースを整理することは、独身時代の家のレイアウトやインテリアを二人の空間へと変身させるための重要なステップです。これは簡単な作業ではないので、二人のコミュニケーションスキルを磨く良い機会だと考えてください。

コミュニケーションをとるためには、家の中に座って話すことができる静かな空間を作ることが必要です。これは寝室以外の場所にしましょう。寝室以外の気が散らない部屋で、ポジティブなエネルギーで温かく居心地の良い場所を作り出すことが大切です。カップル向けの風水のアイデアも重宝しますよ。

一人暮らしから大切な人との暮らしへ:寝室

寝室は、家の中で最も重要な部屋の1つです。二人の親密な時間や性生活のための場所です。とはいえ、清潔で静かな隠れ家のような空間づくりを心がけてください。また、夜間にゆっくりと休むことができる空間を作りましょう。

自分とパートナーのどちらもが好きなインテリアを取り入れることが大切です。お互いの好みのインテリアスタイルに同意できない場合は、特定のインテリアではなく、穏やかな色と細部にこだわった中間色のインテリアを試してください。中立的なインテリアを選ぶことで、お互いがくつろぐのに役立つでしょう。

チームワークを発揮する時間

二人用のキッチン

二人が一緒にキッチンに立つ機会も頻繁にあるため、大きなキッチンが理想的です。

ただし、キッチンが小さい場合は、スペースを有効活用して機能的にキッチンを使いましょう。キッチンカウンターと冷蔵庫は、常に整理された清潔でキラキラとした状態を維持してください。

今回ご紹介したアドバイスを活用すれば、一人暮らしから大切な人と二人暮らしへと容易に移行することができるでしょう。お二人の幸せを祈っています!