地中海スタイルをインテリアに取り入れよう

11 7月, 2019
ギリシャやイタリア風スタイルの家がお好きなら、ぜひ地中海スタイルも検討してみてください。

今日の記事では、地中海スタイルを家のインテリアに取り入れる方法をご紹介します。イタリアやギリシャ風インテリアはもちろん、地中海スタイルもスペインの沿岸沿いの家にとても人気があります。海岸から遠く離れた都市でも、このスタイルを取り入れている家があるほど人気なのです。

地中海スタイルのインテリアにすると、身も心も美しい場所にいるかのような気分になれます。どこに住んでいようと、いつでも夏や海辺の雰囲気を感じることができるのです。

これからご覧頂きますが、地中海スタイルのインテリアはどこか素朴な雰囲気が漂っています。シンプルだけど魅力に溢れているのです。塗りっぱなしの壁には、わずかなアクセサリー以外、装飾はほとんどされず、ミニマリズムが徹底されています。

下に、地中海スタイルをインテリアに取り入れる上での大切なポイントをご説明します。あなたもきっと気に入ることでしょう。

地中海スタイル

青と白は必須カラー

地中海スタイルの基本となるのは、白と青の組み合わせでしょう。これまでの記事でご紹介してきたように、白は明るさと視覚的な広がりをもたらし、部屋を実際より広く見せてくれます。

一方で青は、空や地中海を彷彿とさせます。例えばギリシャのパクシ島にある青の洞窟のような澄み切った青をイメージさせます。ターコイズブルー、スカイブルー、インディゴブルー…青ならどんな色調でも合います。

同様に、黄土色、ベージュ、オリーブグリーンなどの茶系を加えるのもオススメです。こうした色を組み合わせることで、部屋は明るく、広く、爽やかな感じになります

しかしベースとなる色は必ず白にします。他の色は差し色として、グラス、ベッド、雨戸、食器類で使うといいでしょう。選択肢はたくさんあります。

オープンスペース

難しいかもしれませんが、地中海スタイルを取り入れるなら、家の間取りはオープンスペースにすることをオススメします。例えば、キッチンがリビングとつながっていたり、リビングとダイニングが一体となっていたりといった具合です。オープンスペースだと、太陽光が部屋を隅々まで照らしてくれます。カーテンを使っているなら、日差しが入るように工夫しましょう。

地中海スタイル

部屋をオープンスペースにするには、部屋を隔てている壁に1〜2ステップぐらいのちょっとした工夫をするか、大胆にアーチ型に穴を開けるかでしょう。

庭、パティオ、バルコニーなど、家の外も地中海スタイルには重要な要素です。一般的には白でペイントして、色とりどりの植物を置きます。地中海の家では、こうしたスペースで家族や友達と多くの時間を過ごしています。

屋外のスペースが寛げるように、家具は置き過ぎないようにしましょう。シンプルで頑丈な木製または籐の椅子を置くぐらいで十分です。

一番人気の地中海スタイルアイテム

一番人気の地中海スタイルアイテムは、石、木、そして粘土です。壁にしても、大抵がむき出しのままです。地中海では温度管理のために壁が厚めに造られています。

天井や壁の木の梁がむき出しになっているのも、地中海でよく見かける光景です。梁は自然な素朴な感じを生み出し、地中海スタイルにはぴったりです。

地中海スタイル

床は石造りやモロッコ風の青のタイル張りが多く見られますが、木の床も人気があります。

地中海スタイルではテキスタイルも重要な役目を果たしていることを忘れないでください。自然な素材で、素朴な雰囲気のあるものを使いましょう。例えば、籐のランプシェードやタオル入れにバスケットを置くのもいいでしょう。

地中海スタイルの敷物として一般的なのは籐製のものです。荒く見えるかもしれませんが、それも魅力の一つです。籐の敷物を使う場合、同じ素材の小さなアクセサリーを取り入れてください。例えば壁に麦わら帽子を飾るとか、細口の大瓶を天然繊維で包むなどです。

ご紹介したポイントを使えば、地中海スタイルは簡単に取り入れられます。自然素材を使い、白をベースに、差し色として青のアクセサリーを置くだけです。それだけで、爽やかで穏やかな空間が完成することは間違いありません。