「青とグレー」のインテリアコーディネート

25 5月, 2020
青とグレーの組み合わせは、家に落ち着いた雰囲気をもたらしてくれます。

部屋のインテリアを選ぶときには、配色が重要です。例えば、青とグレーの組み合わせは万能であり、どの部屋にも取り入れることができます。

部屋のインテリアと色がマッチしていると、求めていた雰囲気を醸し出すことができて、満足がいくものです。また、快適で落ち着いた心地よい雰囲気がもたらされます。

青とグレーには強い繋がりがあります。しかし、青とグレーそれぞれのどの色調でも組み合わせることができるというわけではなく、バランスと調和を生み出す必要があります。1つの色が強く、もう1つの色が弱いなど、緊張感を生み出さないようにしましょう。

青とグレーのインテリア

青とグレー

使いたい色調によって、それぞれの色の用い方は異なります。視覚的な衝突を生み出してしまうかもしれないので、適当に組み合わせることはできません。適当に組み合わせた場合には、求めている静けさとは正反対の雰囲気を生み出してしまう可能性があります。

グレーは近代的な色です。柔らかく中間色であるため、インテリアにおいて用途が広く、他の色とも組み合わせやすいです。部屋のインテリアを引き立てるための助手のような存在であると考えてみましょう。

青は、青だけでも多くのトーンがあるので、より用途が広い色になります。濃い青は、落ち着き、厳粛、熟考、平和のある雰囲気を作り出します。明るい青は、シンプルで親しみやすく、優しい印象を作り出します。

さまざまな色調があるので、それぞれの作り出す雰囲気について知っておくことが重要です。

リビング

リビング

それでは、どうやって青とグレーをリビングに取り入れることができるでしょうか? 青とグレーのリビングは、新しくて大胆で快適で厳粛な雰囲気となります。リビングを変身させましょう!

  • おススメは、壁をグレーに塗装することです。明るい色調と暗い色調を組み合わせてもいいですし、1つの色調のみ使用してもいいでしょう。
  • 青とグレーの色調の中で最もぴったりな組み合わせは、濃い青と明るいグレーです。ソファ、椅子、アームチェア、ラグなどにこれらの組み合わせを使用することで、バランスを保つことができます。
  • グレーは、壁だけなく、ソファなどの家具の一部にも使用してもいいでしょう。そこから、ラグやソファのクッションなど、小物に青を足していきます。グレーのソファとスカイブルーの組み合わせも素敵ですよ。
  • 濃い青で壁を塗装するのはどうでしょうか? もちろん、印象的な空間にすることに問題はありませんが、明るい色で対比させてバランスを保つようにしましょう。

キッチン

青とグレー

キッチンもまた、青とグレーを組み合わせるのにおススメの場所です。キッチンではあまり一般的に使用されていない色の組み合わせなので、伝統的なキッチンではなく、オリジナルで斬新な感じにすることができます。

グレーの壁には青が良く映えます。グレーの壁が濃い青の家具を引き立ててくれるでしょう。

または、濃い青の壁にグレーの家具を使用することもできます。ポイントは、濃いグレーの家具を選ぶということです。これにより、洗練された斬新で厳粛な雰囲気が出ます。

他の方法

青とグレー

前述の通り、青には多くの色彩があります。近年人気があるターコイズのような青は特にグレーに合います。遊び心のある空間になり、グレーとのコントラストが部屋を引き立ててくれます。

また、青緑とグレーの組み合わせも素敵です。この色彩は、キッチンや浴室にぴったりです。

  • Lluch, Francisco Javier: Arte de armonizar los colores, Barcelona, Imprenta El Porvenir, 1858.