あなたの家にぴったりの家具を選ぶ方法とは?

家にぴったりの家具を買うことは必ずしも簡単なことではありません。幸い、買った後に激しく後悔することのないように、便利で使えるコツやアドバイスがあるのでご紹介したいと思います。
あなたの家にぴったりの家具を選ぶ方法とは?

最後の更新: 19 12月, 2020

すごく素敵な家具を見つけて、家に置いたら最高だろうなあと想像し、いざ買って置いてみるとスペースが足りなかったり家のカラーパレットと合わなかったり…これは誰にでも経験のあることではないでしょうか。

でも大丈夫! 今後こうした間違いを犯さないためのシンプルな方法がいくつかあるのです。今日は、あなたの家にぴったりの家具を買うのに役立つコツをご紹介します。

いくつかのポイントを考慮に入れれば、その家具が思い描いた通りに活躍してくれるようになります。そうすれば、もう二度と返品デスクにわざわざ出向くようなことはしなくてよくなるでしょう。

あなたの家にぴったりの家具を買うには

自宅 家具

不動産を買おうとしていたり、家のリフォームをして新しい家具を入れようとしている場合には、それがとても大変なことで、途方もない時間と労力、計画を必要とするということが身にしみて分かるでしょう。インテリアデザインの雑誌やオンラインを見てみたり、ホームストアを訪れたりしてインスピレーションを与えてくれるようなものを探すのに何時間もかけ、理想の家についてあれこれと思い描いていることでしょう。それにもかかわらず、思い通りに事が運ばないことがあります。

時間やお金をたくさん費やし、ものすごく期待していた分、その落胆は非常に大きなものになるかもしれません。ですが、今回ご紹介するアドバイスを参考にすれば、あらゆるものをうまく機能させることができるはずです。新しいカウチの色は壁の色を補完するものになり、スタイリッシュな新しいドレッサーは寝室にぴったり合うようになるのです。

買う前にイメージを

誘惑があるのはわかりますが、家具に関しては衝動買いは避けるのがベストです。買い物に行く前に、オンラインでお気に入りのインテリアショップにどんなものがあるかをチェックしましょう。インスタグラムやピンタレストの人気の投稿を見てみるのもいいですね。どんなインテリアスタイルにしたいのかを決め、どんなタイプの家具を探す必要があるのか把握するのに、これがベストな方法です。

プランニング―細かいところまで書き出して

家具のプランニング あなたの家にぴったりの家具を選ぶ方法とは?

自宅にぴったりの家具を買いたいなら、あらゆる面を考慮に入れなければなりません。ドアの開く方向から暖房の場所、各部屋の寸法までチェックが必要です。そうすることで、どんな家具が必要になるのか、そしてそれをどこに置くのかを正確に把握しておくことができます。

スペースがたくさんある場合は、レイアウトをいろいろやってみることができますが、小さめのおうちの場合はサイズやカラー、家具の形にもう少し注意が必要です。

この意味で、家具を置こうとしている空間を念入りに測定することが本当に重要になります。例えば寝室に家具を置く場合には、部屋の寸法がベッドのサイズを左右します。ですが、ベッドサイドテーブルなどほかのアイテムの高さや幅、一番よく機能する形などについても考えなければなりません。同じことがキャビネットについても言えて、ドアの開く方向やどれくらいのスペースが必要なのかについても考えなければならないでしょう。

部屋や家具、その他必要なものを測るのに使えるアプリもたくさん出ています。これらすべての情報を後々のために保存しておきましょう。一例としてこちらのPhoto Measuresがあり、アプリストアからダウンロードできます。

必需品に焦点を当てて

必要ない家具に気を取られてはいけません。オンラインショッピングをしている場合は、決めていおいた寸法、カラー、予算に適した家具を検索できるよう、フィルターをかけるようにしましょう。家具を買う際には、衝動買いはご法度ですよ。

これは実店舗で買う際も同じです。メジャーを必ず持参し、きちんと家具の寸法を測りましょう。広くオープンな家具屋さんでは家具の見え方が違うので注意です。家具屋さんで見た時より大きかったということがよくあるのです。

買う前に

家具 自宅

マットレスはいろいろなものを試し(IKEAのマットレスは種類が豊富です)、椅子には座ってみて、ダイニングテーブルは快適かどうかチェックしましょう。今買おうとしているカウチに座って映画を見ている自分を想像できますか? これはその商品が自分に合っているかどうかを決めるベストな方法です。実店舗で買おうとしている場合には特にそうです。

室内装飾用品については、たいていの場合布のサンプルを注文することができます。こうやって家にある布製品と比べてみて、合うかどうかを見てみることができるのです。

失敗しない方法

自宅では家具がどのように見えるかをよりよくイメージするためには、選んだ家具と概ね同じくらいのサイズにしたマスキングテープを貼ったり新聞紙を床に置いたりして測ってみるといいでしょう。そうすれば、どれくらいのスペースをとるのか、また部屋の他の部分と合うかどうかなどについてずっとクリアなビジョンを持つことができます。

スペースも家具もすでに寸法をとっていたとしても、これを行うとより現実的な視点が持てます。例えば、部屋の中にどれくらい動き回るスペースが残るのかもわかります。新しい家具がカウチのサイズに合っているかどうか、あるいは廊下の邪魔にならないかどうかなどの点もチェックすることができるでしょう。

あなたの家にぴったりの家具を買うために―あなたの家にフィットするかを確かめて

当たり前のように思われるかもしれませんが、実は忘れてしまいがちなことでもあります。新しい家具が玄関を通れるかどうか、上の階に運ぶのにエレベーターに乗るかどうかなどもチェックしておかなければなりません。配達業者や家具の設置業者が住所のある場所に到着したものの、家に入れるのが不可能なために運び込めないということが実際よく起こっているのです。

これらのポイントをすべて考慮に入れれば、がっかりすることはなくなるはずです。さらに重要なことに、家のどんな場所にもぴったりな家具を買うことができるようになるでしょう。

ですので、まずは考えて、自分のスタイルを探し、寸法を測り、買う前に試してみる、このステップを覚えておきましょう。必ず正しい判断ができるはずですよ。

こちらの記事もおすすめです。
インテリアでよくある失敗例とその解決法
Decor Tips
で読むことができます。 Decor Tips
インテリアでよくある失敗例とその解決法

今日はインテリアでの失敗を解決する方法をご紹介します。大抵の失敗は後から解決できます。この記事を読めば、大きな失敗をしないで済むでしょう。もしすでに家具を買い替えたり、間違った方向にリノベーションしていても、よくある失敗例とその解決方法を読めば、まだ間に合います!