アメリカ人建築家パトリック・タイゲのデザイン

パトリック・タイゲと言う名前を聞いたことはありますか? パトリック・タイゲは、世界で最も魅力的で創造的な建築家の1人と言われています。パトリック・タイゲについて知っている方もそうではない方も、彼についてもっと詳しく知るために、このまま本記事をご覧ください。
アメリカ人建築家パトリック・タイゲのデザイン

最後の更新: 06 4月, 2021

アートの世界において、前衛と現代性そして革新性を兼ね備えることは可能でしょうか?

これらのコンセプトはそれぞれ独自の性格を持っており、互いにはっきりと区別できるでしょうが、これらのコンセプトを兼ね備えている顕著な例が、建築家パトリック・タイゲのデザインでしょう。

パトリック・タイゲが、現代建築において最重要人物の一人であることは、間違いのない事実と言えるでしょう。彼の生み出すデザインは、絶対的な革命であり、その形状と形式は完全に独創的であり創造的でもあります。別の言い方をすれば、彼の作品には。慣習的なものは存在しません。

現実問題として、建築が達することができる、誰もが予期しない高みの明確なシンボルとなる建物の設計は容易ではない、という点を考慮に入れる必要があります。その中でパトリック・タイゲは、前例のないデザインで、間違いなく誰もが予期していない高みに到達していると言えます。

パトリック・タイゲのプロフィール

アメリカ人建築家パトリック・タイゲの作品たち プロフィール

カリフォルニア大学ロサンゼルス校で建築の修士号を取得したパトリック・タイゲは、当時からアートの世界における才能が開花する初期の兆候を示していました。彼の才能が完全に開花するまでには長い時間がかかりましたが、有名な建築家と肩を並べ、最終的にはフランク・ゲーリーの会社で働いていたと言う事実は、本記事で言及する価値があるでしょう。

もちろん、パトリック・タイゲは、いくつかの主要なプロジェクトを主導してその知名度をあげました。彼はカリフォルニア州そのものをキャンバスとして使います。また、無数の雑誌や出版されている教科書などにおいて、自分のアイディアを多くの人に広める目的で、自分の知識を他の人々と共有しています。

パトリック・タイゲの作品は国際的に認められ、アメリカアカデミーのローマ賞を含む多くの賞を受賞しています。現在は、南カリフォルニア大学の建築学部で教鞭を執っています。

パトリック・タイゲは、創造性、感情、芸術、革新と言うコンセプトを忠実に反映する芸術家と言えるでしょう。

パトリック・タイゲのデザインの主な特徴

アメリカ人建築家パトリック・タイゲのデザイン

まず最初に、彼が伝統的な工法から完全に脱却しているという点を理解しましょう。彼のデザインが目指すのは、新しい視点で、これまでにない珍しい美学を提供し、ダイナミックな外観を作り出すことです。

彼の作品の特徴のいくつかをさらに詳しく見ていきましょう。

  • パトリック・タイゲは、常にボリュームとサイズで遊び心を加えます。彼が設計した建物を見ると、優雅さと新鮮さを感じることができます。タイゲが日常の機能を備えた建物に新しい可能性を生み出そうとしているのは明らかです。
  • タイゲの生み出す様式は、これまでに確立されたデザインとは完全に異なります。言い換えれば、彼が目指すレベルははるかに高いと考えられます。一般的な対称性を排除し、ダイナミックな感覚を作り出すことを目指すため、時には緊張を引き起こしますが、全体的なバランスを失うことはありません。
  • タイゲは、常に曲線と直線を組み合わせます。彼のデザインのあらゆる部分において創造性が存在していることは、多くの人が認めるところです。建物の基本的な部分でさえ、垂直線、水平線、および対角線が混在しています。
  • タイゲの主な目標は、多くの伝統的な建築と比べて際立つ作品を生み出すことです。なぜ私たちはさまざまな方法で建物を作ろうとしないのでしょうか? これはタイゲが私たちに提起する問題の一つと言えるでしょう。またタイゲは、自分のデザインに多くの自然光が入る空間を作るように努めています。

ラ・ブレア・アフォーダブルハウジング

ラ・ブレアハウジング

2013年に完成したこの建物は、アメリカカリフォルニア州のウェストハリウッドにあります。この建物はタイゲが独自のデザインで目指す多くを要素を要約しているという点からも、タイゲの傑作の一つに数えられています。

この建物では、直線と曲線の特徴的な組み合わせを見ることができます。それは建築のアカデミックと芸術的なタッチを組み合わせたものです。この建物は、現代建築運動のアイコンになる可能性があります。

この建物で最も注目すべき点は、水平の曲線がある建物の角です。この曲線は、巨大な非対称の筆使いのように見えます。この建物の曲線は、見る人に弾力性や動きという印象を与えます。また、建物の他の部分との対比も特徴的で、建物の他の部分は、より安定しはるかに従来の建物のように見えます。

パトリック・タイゲは、建物を自分が生み出すワイルドなアイデアを探求するための白いキャンバスと考えます。

ハリウッドヒルズハウス:曲線への情熱

美しい曲線が特徴的な建築 アメリカ人建築家パトリック・タイゲのデザイン

この建物の場合、これまでの建物ほどはっきりとした曲線は使われていませんが、間違いなく、建物を雄大に見せる曲線が存在します。特定の角度から見ると、巨大なオープンプランのインテリアのある宇宙船のようにも見えるでしょう。

エクステリアのデザインはとても画期的です。水平方向に焦点がありながら、バランスがあり、低くなるのを避ける長い曲線を使用しています。もちろん、パトリック・タイゲの作品なので、複数の様式から、多くの光が広い湾を通って建物の中に間違いなく入るデザインになっています。

この建物は、想像力と建築を通じてユニークで珍しい作品を作り出したいというタイゲの願望を示す完璧な例でしょう。

こちらの記事もおすすめです。
アレサンドラ・ブランカ: 一流デザイナー
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
アレサンドラ・ブランカ: 一流デザイナー

アレサンドラ・ブランカはデザイン業界においての老舗です。彼女の美しく色褪せないクラシックスタイルは何年にも渡り、世界中の人々の心を魅了し続けています。イタリア人デザイナーである彼女は、とても特色のあるスタイルを持っています。この記事では彼女と彼女のスタイルについてご紹介します。



  • Mayne, Thom; Phillips, Stephen: Patrick Tighe Architecture: building dichotomy, Mulgrave, Images Publishing, 2016.