2020年インテリアデザインでトレンドの素材とは?

2020年のトレンド素材は、サスティナブルでナチュラルなもので、モダンな雰囲気を失うことなくラスティックでナチュラルなタッチを与えてくれるようなものです。
2020年インテリアデザインでトレンドの素材とは?

最後の更新: 27 10月, 2020

https://decortips.com/homes/interior-decor-trending-materials-in-2020/

素材やスタイルに関して言えば、2020年は全く新しいトレンドとともにやってきました。今年のトレンド素材はシンプルさとサステナビリティという哲学を反映したものとなっています。一方で、新しい建築デザインは、サスティナブル建築の成長し続けるトレンドを受け継ぎ、ザハ・ハディッドにインスピレーションを受けた、斬新で大胆なものとなるでしょう。

また建築については、特に大勢の人に使われるようにデザインされたビルなどに関しては、機能的で実用的なトレンドが続くでしょう。インテリアについては、60年代や70年代を代表するようなデザインの再興が見られるのではないでしょうか。

素材では、石や天然繊維など、よりシンプルでラスティックなものが大きなトレンドになっています。この記事では、2020年の顔となる素材について見ていきます。

トレンド素材―サスティナブルな素材

2020年 インテリア トレンド

近年、消費者の習慣は大きく変化しています。地球のことを考えるというのが日常生活で大きな部分を占めるようになり、どんな家具を買うかにもそれが大きく影響しています。その結果、エコフレンドリーなインテリアやサスティナブルな素材の人気がどんどん高まっているのです。

サスティナブルな素材を使う上では非常にたくさんの可能性があります。ですが、こういった要素を家に取り入れるのに、大規模な変化を起こす必要はありません。

小さめの家具をいくつか取り入れることで、このような素材に親しみ始めるのがいいでしょう。または、少し傷んで年季が入っている古い家具と交換するのもいいですね。

エコフレンドリーな家具は、サスティナブルな素材を自宅に取り入れるのに素晴らしい方法です。さらに、こういった天然素材を使うことで、即座に新しい息吹をインテリアの中に感じることができます。

例えば、家でもオフィスでも使いやすいサスティナブルな素材が、竹です。空間に全く新しい見た目をもたらしてくれるだけでなく、この成長の早い植物を使うということは、森林破壊を食い止めることに少し貢献することにもなるでしょう。

天然素材は、自宅にあたたかい雰囲気をプラスする上でも重要です。麻やアルパカウールなどの天然繊維を使うと、色味、あたたかさ、質感などを加えることができるのです。

サステナビリティとは、私たちのニーズと私たちの惑星のニーズの間のバランスを取ろうとするデザインです。

セラミックタイルのフローリング

2020年 トレンド インテリア

板張りの床が長い間王座に腰かけてきましたが、石のフローリングがどうやら2020年の勝者となりそうです。石のフローリングはさまざまなバラエティがあるため、最も魅力的で多様性のあるものの一つとなっているのです。

この素材の最も興味深い点の一つは、その強度と耐久性で、そのおかげで長期間良い状態をより簡単に保つことができます。傷もつきにくいですので、小さな子供のいる家族にも理想的です。

石のフローリングには本当にさまざまなメリットがあります。例えば、家のどんな部屋にでも基本的に使うことができます。また、セラミックのタイルを使えば、モダンな雰囲気を出すこともできます。そして衛生的な素材でもあるのです。

石にはさまざまな色やデザインがあり、質感にもつやのあるものやマットなものなどがあります。ラスティックスタイルが好きという方は、黄土色などのアースカラーを使いましょう。

一方モダンな見た目を探しているという方は、他の装飾品や家具とコントラストを作るように、白の板張りのフローリングがおすすめです。

木材

2020年 トレンド インテリア

今年はナチュラルで控えめな素材の波が来ており、大理石やテラゾなどこれまでインテリアデザインの中で長い間柱となってきた伝統的な素材に取って代わっています。

木材はどんな家にも欠かせないもので、家具にもさまざまなデコレーション要素にも使うことができます。その一目でわかるラスティックな雰囲気で、インテリア界での地位を確立し、ノルディックやジャパンディといったスタイルのスターになりつつあります。

家で木材を使うといっても、床や家具だけに限定することはありません。エレガントさとフォーマルさをプラスするために、木製のドアを取り入れるのも一つの手でしょう。

家具については、木製のテーブルなどは空間にあたたかさと親しみを加えるのにぴったりです。2、3のデコレーションだけで、ミニマリストからボーホー・シックなどあらゆるスタイルを作ることが可能です。

予算に余裕がない場合でも、自然の木の板を使えば無限の可能性があります。ベッドのヘッドボードを作ることもできますし、バスタブ用のラスティックパネルも作ることができるでしょう。ペンキと封水材を使えば、木材にオリジナルデザインを施すこともできるかもしれません。

ご覧の通り、2020年のトレンド素材はナチュラルで低コストのものです。家の模様替えをお考えの場合は、ぜひ試してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ
【2020年のトレンドってなんだった?】IKEAカタログで再チェック!
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
【2020年のトレンドってなんだった?】IKEAカタログで再チェック!

このスウェーデンの家具メーカーがどんなインテリアを発表するのか、毎年わくわくが泊りませんよね。 2020年 の IKEA カタログを見ながら トレンド を再チェックしてみましょう。2020年は、クラシックで実践的かつ、クリエイティブでアーティスティックなデザインやカラーラインが見られます。