マーカーを使ってマグカップを可愛くリメイクする方法

17 3月, 2019
モノトーンのマグカップをお安く買う事は簡単ですが、地味なデザインのまま使い続ける必要はありません。マーカーを使って自分だけの特別なマグカップに作り変えましょう!

セラミックマーカーを使ってマグカップを変身させるのはとっても簡単です。プロのデザイナーである必要はありませんし、特別なスキルも全くいりません。シンプルな線と簡単なデザインで素敵なマグカップを作ることができます。

DIYがお好きな方にはとっても楽しいアイデアです。マーカーを使うのはとても簡単ですし、いつも使うマグカップを自分の好きなデザインに作り変えることは、毎日を楽しくする最適な方法でもあります。

細すぎず、太すぎないマーカーがおすすめです。どちらのタイプも直線を引くのが少し難しいので、作業を始める前に紙や段ボールでマーカーの試し書きをするようにしましょう。

それではマーカーを使ったリメイクの手順と、いくつかデザインのアイデア(描きやすいもの)をご紹介します。今回はマグカップにのみ焦点を当てていますが、お皿やボウルも同じ方法でリメイクすることができるのでぜひ覚えておいてくださいね。

マーカーでマグカップをリメイクする方法

マーカーを使ってマグカップをリメイク

マグカップを選ぶ

最初のステップはマグカップを選ぶことです。多くの方は無地の白いマグを選びますが、柄やデザインがプリントされていないのであれば、何色のカラーが使われたカップでも問題ありません。

表面が滑らかで平らなものを選びましょう。凹凸がないものであればマーカーを使ったリメイクはとても簡単に行うことができます。

無地の白いマグカップを選ぶメリットとしては、描く絵や使う色の選択が自由にできるという点です。ですが、お好みであれば既にデザインが描かれているマグカップを選んで、そこに自分でデザインを描き加えるという方法も可能です。

たとえば、マグカップに座っている猫の絵が描いてある場合、背景に星空を描くことができます。または、スペースがあれば猫が座っているところに屋根の一部を描いてみることもできるでしょう。単語や文章をメタリックカラーで描くのもおすすめです。

デザインを考える

マグカップを選び終わったら、次はどのようなデザインにするか考えましょう。好きな文章や単語を用いる方が多いです。カリグラフィーが好きな方にはピッタリのアイデアです。

太陽や月、雲、木、ハートなど単純で描きやすいイラストと組み合わせるといいでしょう。

マーカー マグカップ リメイク

自分以外のマグカップも一緒にリメイクする場合は、引用する文章の異なる箇所をそれぞれに書くのがおすすめです。マグカップを隣り合わせた時に文章が完成するような、とても素敵なデザインにすることができます。

さらに、それぞれのマグカップを合わせると一連のイラストになるようなデザインにすると、個性的で可愛いマグカップに仕上げることができます。

マグカップに描く前にまず紙の上で描いてみるようにしましょう。練習にもなりますし、このアイデアで本当に良いか確認することもできます。どうしても絵が描けないという方は、ステンシルを検討してみるといいでしょう。

マーカーを使ったリメイク手順

  • ほこりや油分を取り除くためにマグカップを綺麗に洗いましょう。新品を使う場合は消毒用のアルコールに浸した布きれ等で拭き取りましょう。
  • マグカップを乾かしましょう。
  • マグカップを平らな面に横向きに置き、しっかりと固定したらデザインを描いていきます。カップの内側や飲み口となる場所には書き込まないように気をつけてください。
  • 間違えた場合は綿棒を使って修正しましょう。

仕上げ

  • デザインが完成したら24時間乾燥させましょう。
  • 乾燥が終わったら、マグカップを140°Fのオーブンで40分間熱します。インクを定着させ耐水性にするためです。
  • オーブンでの焼き付けが終わったらマグカップが完全に冷めるまで待ちましょう。
  • 後からデザインを描き加えることもできますが、この手順をまた一から繰り返す必要があります。
マーカー マグカップ リメイク

素敵なギフトに

リメイクしたマグカップは食器棚に可愛い彩りを加えるだけでなく、特別な日のためのギフトに用いることもできます。

中には家の食器を全てモノトーンでデコレーションする方もいます。全てを同じデザインにする必要はありませんが、テーマやスタイルが確立されているとテーブルや食器棚も非常に素敵なものとなります。

既におしゃれなデザインが施されたアイテムをオンラインで購入し、今回のアイデアを使ってそこに自分の名前を描き加えることもできます。可能性は無限大です!ぜひお家の食器もリメイクしてみてくださいね。