牛乳パックをクリエイティブに再利用しよう!

15 10月, 2020
少しのイマジネーションとオリジナリティがあれば、牛乳パックはあらゆる装飾アイテムに変身させることができます。

インテリアデザインの世界では、あらゆるものが家の装飾に使われます。どんなものでも再利用して違う機能や見た目を持たせることが可能なのです。ですので、今日の記事では牛乳パックをインテリアに再利用するクリエイティブな方法をご紹介したいと思います。

リサイクルはできるだけすべきことです。私たちが捨ててしまっている多くのものは、もう一度使う可能性を持っています。それはパッケージも例外ではありません。どんな素材であれ、とてもシンプルなアイテムであっても全く新しい見た目にすることもできるのです。

牛乳をよく飲むという方は多いと思いますので、牛乳パックは家の中でよく見かけるものです。ただ捨ててしまうのではなく、装飾的機能を持たせて再利用してみてはいかがでしょうか。

牛乳パックの再利用―ペン立て

牛乳パック 再利用

ペン立ては作るのがとても簡単で、デスクや子どもの勉強エリアに楽しくてオリジナルな雰囲気をプラスすることができます。

まずは牛乳パックの上半分をカットします。牛乳のかすが残らないようにきれいに洗いましょう。

そして外側を装飾します。一番シンプルな方法は無地や模様のあるラッピングペーパーを使うことです。ぴったりと巻き、のりでしっかり貼り付けることが重要です。

文房具がたくさんあるという方は、色々なサイズのものをいくつか作って、コントラストを出したり互いを上手に補い合うようにするのもいいでしょう。

自分のインテリアをどうするかは自分次第です。

バードハウス

牛乳パック 再利用

春になると、鳥たちは自分の巣を作るためのひっそりした片隅を探します。牛乳パックで居心地のいいバードハウスを作り、お庭やテラスに吊るして置いてあげれば、近くに暮らす野生の鳥たちの役に立てるかもしれません。

  1. このDIYプロジェクトには、強くて耐久性のある牛乳パックを使うことがポイントです。ほとんどの牛乳パックはしっかりしていますが、なかには少しもろいものもあります。理想的には、上の写真のような上部が三角になっている大きな牛乳パックを探せるといいでしょう。
  2. 一番大切なステップは、牛乳パックの前面に丸い穴を開け、鳥が出たり入ったりできるようにすることです。はさみやカッターを使いましょう。正確できれいな穴を作ることが大切です。
  3. 外部は色や模様をつけて装飾してもいいでしょう。そして木の枝などを使ってきちんとした屋根を取り付けます。これで、かわいいバードハウスの完成です。

こんなバードハウスを木や壁に吊るしておくと、お庭にちょっとした特徴を足すことができます。鳥にたくさん来てもらうには、お庭の中でも静かで離れたところに置くといいでしょう。

ランプ/キャンドルホルダー

牛乳パック 再利用

牛乳パックを使えば、ランプだって作れちゃうんです。作り方にはいくつか方法があります。例えば、上部の穴から電球やケーブルを通し、天井に吊るすランプを作ることもできます。または、内部に電球を置いてテーブルランプにすることもできます。

あるいはキャンドルホルダーに変身させるのも一つの手です。大きな円柱状のキャンドルを置く場合は、中に十分なスペースを設け、光が出てこられるように大きな窓を作りましょう。

DIY植木鉢

牛乳パック

自分だけのDIY植木鉢を作るのもおもしろいアイディアの一つです。必要なのはきちんと水が通るように牛乳パックの底にいくつか穴を開けるだけです。その後自由に外側を飾れば完成です。

大きくなる種類や根が長く成長するものを植えるのはあまりお勧めしません。小さなインドア向けの植物を植えるのがいいでしょう。

  • AA. VV.: Crear y reciclar, Spanish Pubs Llc, 2012.