DIYインテリア:ボトルガーデンを作ろう!

ボトルガーデンは、ガーデニングの世界で多くの人を魅了してきました。これはインテリアアイテムとしてもさまざまな可能性を秘めています。
DIYインテリア:ボトルガーデンを作ろう!

最後の更新: 28 3月, 2021

インテリアに使えるガーデニングの目新しいアイディアは常に求められています。植木鉢以外のものに目を向けて、画期的でクリエイティブなインテリアを使ってみましょう。今日は、ボトルガーデンの作り方をご紹介しようと思います。

ボトルガーデンは普通と一味違ったインテリア要素になってくれます。それに作るのも難しくないのです。

インテリアを変える方法についてあれこれ考えても、アイディアが浮かばないことってよくありますよね。ボトルガーデンは素晴らしい方法でポジティブな環境を作るのにも役立ちますが、上手に作るにはセンスも必要です。

ボトルガーデンとは?

DIY ボトルガーデン

「庭」と言えば、オープンで、芝があったり花その他の植物の生えている外のスペースを普通思い浮かべますよね。ですが、ガーデンボトルはそれとはまったく違うコンセプトです。

これは、ボトルなどの密閉容器に植物を入れて作ります。密閉状態でどのように植物の世話をするのでしょうか?

決して干上がってしまうことのない小さなエコシステムを作りさえすれば、植物は健康な状態を保つことができるのです。湿気が常にあるので、外部からの脅威にさらされることなく植物が水分を得ることができます。その結果、すくすくと育つことができるのです。

ご自宅に何か変わったものをプラスしたいとお思いなら、ボトルガーデンがおすすめです。

ボトルガーデンを作る5つのステップ

ボトルガーデン

ボトルガーデンを作る際にはちょっとコツがいる面もありますが、ご紹介するステップに従い、事前に必要なものをそろえておけば簡単です。以下のプロセスをチェックしてみてください。

  • まずは、植物を植える入れ物を用意します。サイズはなんでも大丈夫です。大きなタンクでも、小さな電球でもいいでしょう。ですが、ガラスがクリアで外から植物を観察できるものにしましょう。
  • 次に、植物が倒れないようにし、排水も行える小石を敷きます。そして土や木で石を覆います。お庭の土や木から取った枝などが使えます。使用するものは湿度の高いエリアから来たものにしましょう。
  • 地面が整ったら、植物を植えます。植物の種類は一つでなくても大丈夫です。異なる種も問題なく共存できます。
  • 使用できる植物の例としてはコケやクローバーなどの小さい植物なども良いですし、ご自身のお好きなものを植えましょう。このボトルガーデンは結局インテリアなので、ご自宅の雰囲気に与えるインパクトについて、時間をとって考えましょう。
  • 最後に、水を加えます。水はたくさんあげる必要はありませんが、植物と土に数滴たらしてあげましょう。そしてボトルを閉じます。

おもしろいインテリア

ボトルガーデン

ボトルガーデンはインテリアにさまざまな可能性を与えてくれます。入れ物もその中身もインテリアに大きなインパクトを与えてくれます。ですので、使う要素を注意して選びましょう。

使う入れ物が最も強い視覚的効果を持っています。もう少しさりげないものがいい場合には、シンプルなタンクを試してみましょう。もう少し大胆なものがいいという方は、電球や飲み物の瓶、ジャー、水槽などを使ってもいいですね。

可能性は本当にたくさんありますが、最もおもしろいのは中に何を入れるかです。たくさん緑を入れるようにしてみてください。植物の作り出す湿気が、健康でフレッシュなエコシステムを維持してくれるからです。

最後に、小さな人形や小物、カラフルな石などでデコレーションするのもいいですね。結局のところ最も大切なのはご自身の好みに合わせてデコレーションすることなのです。

こちらの記事もおすすめです。
美しく庭を飾ろう!自宅の庭に最適な植物5選
Decor Tipsで読むことができます。 Decor Tips
美しく庭を飾ろう!自宅の庭に最適な植物5選

庭のテーマを決めて一貫性を保つためには、植物を購入する前に様々な点を考慮に入れる必要があります。住んでいる地域の天候や気温に適した植物で自分の庭に合う植物を選ぶのは大変な作業です。今回の記事では、自宅の庭を美しく飾るのに最適な植物を5種ご紹介します。



  • McCready, Rosemary: Jardines de interior, Ceac, Barcelona, 2007.