安全第一で住宅のリノベーション工事をする方法

02 7月, 2020
特定の対策と予防策を講じることが、住宅のリノベーション工事中の事故からあなたを守ります。
 

住宅でリノベーションと呼ばれる改修工事を実施する場合は、まず安全上の問題を検討する必要があります。

家の中では、いつでも事故が発生する可能性がありますが、家の改修工事であるリノベーションの最中は、特に事故が発生する可能性が高くなります。今回の記事では、リノベーション工事中に安全を確保するためのヒントをいくつかご紹介します。

安全第一で家の改修を行うのためのヒント

家全体、または一部のリノベーションを自分で行う計画している人で、これが初めてのリノベーション工事の場合は特に、今回ご紹介する、安全を最優先するアドバイスを参考にしてください。

1.電気工事

コンセントを増やすか、天井に照明を追加する工事を行う予定ですか? 工事の前には、何よりもまず、電源を切り、ワイヤーの作業をしている間は、電気がきていないことを確認してください。

厚底靴を履き、ワイヤーが濡れていないことを確認してください。電線を扱うときは、可能な限り作業用の手袋を使用してください。

2.配管工事

安全第一で住宅のリノベーション工事をする方法 配管工事

パイプやその他の配管設備に問題がある場合、家のリノベーション工事がより複雑になる可能性があります。

配管工事を行う必要がある場合は、必ず止水栓を閉じてください。元栓を閉じることで、蛇口やバルブを交換するときに、誤って家の中に水が溢れてしまうことはありません。

鉛製の給水管などの有毒物質を扱う場合は、安全のためにマスクを使用するなどの予防策を講じる必要があります。

3.塗装

安全第一で住宅のリノベーション工事をする方法 塗装

塗装中には、たとえば、はしごや足場から落ちる事故が起こる可能性があります。家の外面を塗装したり、屋根の上の塗装を行う必要がある場合は、ハーネスなどの安全対策を講じてください。

はしごが頑丈で、動いたり位置がずれないかを確認してください。また、登り降りするときは、転倒しないように特に注意してください。はしごが原因の怪我は、私たちが考えるよりはるかに深刻になる可能性があります!

 

安全に関するもう1つの重要な注意点は、塗料が目に入らないようにして、目の炎症などを避けることです。

必ず保護メガネを使用してください! 壁やその他の表面を砂で磨く時にも保護メガネが必要ですし、マスクを使用して、鼻と口を保護することも大切です。

4.壁と古い天井の工事

左官工事

非常に古い建物や崩れそうな建物で作業をする場合は、特に壁と古い天井に注意してください。たとえば、地下室の状態が悪い場合、天井の石膏が頭に落ちる可能性があります。

ヘルメットなどの硬い帽子を使用するという予防策を講じて、ゆっくり作業することをお勧めします。可能であれば、専門家を雇い、より危険な作業をサポートしてくれるように依頼してください。

5.外に建築資材や工具を置かない

安全対策

国によっては、通行人に危険が及ぶ可能性を避けるため、リノベーション中の家の外に建設資材を出すことを法律で禁止しているところがあります。これは、砂や濡れた石を踏んだ通行人が、転ぶ可能性なども考えられています。

建設資材はまた、外で遊ぶ子供やペットにも危険をもたらす可能性がありますし、正しい方法で廃棄されていないゴミ袋の中から、危険物が見つかることもあるでしょう。

6.壁の修理

壁への固定
 

信じられないかもしれませんが、これらは自宅で起こる事故の中の、最も一般的な原因の一つです。家を改修する場合は、ハンマーやドリルに注意してください。穴を本来より深くするだけでなく、その過程で怪我をする可能性もあります。

7.引っ越し

工事終了後の引っ越し

家のリノベーションが完了し、まだ引っ越しをしていない場合は、これからすべてを運び入れることになります。家具を購入した場合も同様です。鏡を壊さないように注意し、安全に輸送するためにしっかりと梱包してください。また、重すぎるものを持ち上げようとして、腰や背中を傷めないように注意しましょう。

家のリノベーションを自分でできる場合でも、できる限り資格を持った専門家を雇い、少なくとも、大規模な工事やより専門的な工事をサポートしてもらうようにしてください。これは長期的に見るとお金の節約になります。